我が家の最古参多肉植物3種の春

半年前に成長記録・備忘録として植物ブログを始めたものの、3記事ほど書いた後に放置してしまっていたので、春の訪れと共に植物たちも活動を再開したのを機にブログも心機一転ゼロから再スタートしようと思います。

 

さて、半年も経てば成長の早い連中はかなり状態も変わっているということで、半年前の写真と今現在の写真を比べてみます。

f:id:torimomo_d:20180916185455j:plain

まずは半年前の『レティジア』から。
夏の直射にビビッて遮光し過ぎてしまい、みっともなく徒長してしまってます。
このあと根本からバッサリとカットしました。

 

f:id:torimomo_d:20190407221550j:plain

こちらが現在の『レティジア』の姿。
冬を跨いだからか思ったより成長はしてませんが、新しい芽が出て紅葉もしています。
最初のころは過保護に育て過ぎて冬は室内に入れてましたが全くと言っていいほど紅葉しなかったので、やはり日光と朝晩の冷え込みは大事みたいです。

 

 

 

f:id:torimomo_d:20180916185305j:plain

お次は半年前の『ファンファーレ』。
中央部のグラデーションが綺麗ですが、こちらもやはり徒長してしまってます。
なのでやっぱり根本から思い切ってカット。

 

f:id:torimomo_d:20190407221649j:plain

現在の『ファンファーレ』の姿。
いたるところから新芽が出てきて、このまま育つとかなりモサモサになりそう。

『レティジア』もそうですが、この春から植え替えたものは随時スリット鉢に移行しています。
多肉というか観葉植物を始めた頃は鉢なんかもこだわるつもりでしたが、数が増えるとどうでもよくなってきてコストと生育を考えてこうなりました。

 

 

f:id:torimomo_d:20180916185349j:plain

お次は半年前の『ジェイドポイント』。
とりあえずエケベリアが欲しくて、エケベリアなら何でもいいという精神状態でホームセンターの貧相な品揃えの中から選んだ品種です。
それなりに豊富に多肉も扱ってる大きめの園芸店を見つけた今となっては正直あんまり魅力を感じない種類ではありますが、初期メンバーということで思い入れはあります。

右のちっこい鉢のは、葉挿しとはどんなもんやと試しにやってみたもの。
葉っぱ一枚からここまで成長しましたが、肥料分がほぼゼロの土だからか成長が非常に遅いです。

 

f:id:torimomo_d:20190407221940j:plain

現在の『ジェイドポイント』の姿。
大きい鉢の方は雨水が溜まったのか何なのか、しばらく見ない間に中央部を中心に半分ほどグジュグジュになってしまい見せられる状態ではありません。

なのでこちらは小さい方なんですが、植え替えた時に腐葉土を少々とマグァンプを混ぜたからか明らかに成長速度が速くなりました。
しかし育ててる環境は『レティジア』と同じなのに、こっちはあんまり紅葉しなかったのは肥料分の影響なんでしょうか。

 


以上、我が家の最古参である多肉3種の様子でした。
初めて買った観葉植物は『ポリシャス』だったんですが、そちらは残念ながら2回目の冬(2017年だったかな)を乗り越えることが出来ず、枯らしてしまいました。
1回目の冬にも死にかけたんですがなんとか持ち直し、夏には加速度的に成長して倍以上の大きさになっていたのでイケると思ってたんですが…。多分、冬の間の水やりを失敗したと思われます。

今のところ枯らせた植物はその『ポリシャス』のみなので、それを教訓に今後もこの調子でいきたいもんです。