理想と現実のリュウビンタイ

私は数年前までアクアリウムをやっていたんですが、その時からシダ植物が好きで水草と言えばミクロソリウムやボルビティスばかり育てていました。
思えば最初に購入した観葉植物のポリシャスも、どことなくシダっぽいから惹かれた気がします。

というわけで今回の我が家のシダ植物を紹介します。

 

f:id:torimomo_d:20190609211125j:plain

我が家の植物の中で、唯一ネット通販で購入したリュウビンタイ
私はできればネット通販で植物は買いたくないんですが、どうしても欲しいのに近所の園芸店で売っていなくて仕方なく通販を利用てゲットしました。
その後、同じ値段で倍以上の大きさのリュウビンタイが入荷してましたけどね。

そんな念願のリュウビンタイなんですが、ウチの個体はどうも私が思い描くリュウビンタイの姿形とは違いまして。
リュウビンタイと言えば、塊からヒョロリと伸びた茎の先に、細かな葉が並ぶ涼やかなイメージなんですが……。

 

f:id:torimomo_d:20190609211243p:plain
↑ 理想のリュウビンタイはこんな感じ。
↓ それに対して、我が家のリュウビンタイはこんな感じ。

f:id:torimomo_d:20190609211401p:plain
どうも茎があんまり伸びてくれなくて塊から近い位置で葉を展開するもんですから、葉っぱが密集してしまい暑苦しい見た目になっちゃってます。
葉っぱ自体が塊に見合わない大きさっていうのもあるんでしょうか。

 

f:id:torimomo_d:20190609211442j:plain

購入時に生えてた葉っぱ(右下)と、我が家に来てから生えた葉っぱ(左手前)の比較。
植え替える時に肥料分を含む土(観葉植物用の土)を使ったせいか、元からあった葉とは似ても似つかないバケモノみたいな大きさの葉が出てきてしまいました。
その後、肥料分が多少減ったのかだいぶ落ち着いた大きさになってきましたが、私が理想とする姿にはまだまだ遠い状態です。

デカイ葉っぱを剪定すればスッキリするんでしょうけど、リュウビンタイはあんまり剪定しちゃうと新芽を出さなくなるという話を聞いたのでビビっちゃってます。

 

 

f:id:torimomo_d:20190609211526j:plain

こちらは去年の夏に購入したヘゴの木
ヘゴの木にも種類が色々あるみたいですが、「ヘゴの木」として売っていたので何ヘゴか分かりません。
一般的に流通しているのはヒカゲヘゴらしいので、これも多分ヒカゲヘゴなんでしょう。安かったし。
ヒカゲヘゴと聞くと日陰が好きそうですが、「日陰を作るほど葉が大きい」という意味らしく、こいつ自体は日光大好きという紛らわしい名前です。

こちらもリュウビンタイと同じく、植え替えた後はバケモノみたいな葉っぱが出てきました。
肥料はほとんど入れてないはずなんですが…。鉢が大きくなったからですかね?

 

 

f:id:torimomo_d:20190609211606j:plain

フリマみたいな所で、電話しながら接客をする不愛想なオッサンから購入したチャセンシダ
購入してすぐ植え替えたんですが、そのとき一緒に生えてた雑草と間違えて新芽まで摘んでしまったのか、しばらく新しい葉が全く出て来ず心配しました。

かなり水が好きみたいで、昼間に植え替えてその後に水をやるのを忘れていると、その日の夕方にはもうシナシナになってました。
慌てて水をやってなんとか復活しましたものの、葉先の方はけっこう枯れたりしてましたね。しばらく新芽が出なかったのはそれが原因かもしれません。