ボタニカル・ダンディ 2nd season

自分用の植物育成記録を公開したようなブログ

『レデボウリア ガルピニー』育て方と成長記録

f:id:torimomo_d:20200502155545j:plain

f:id:torimomo_d:20200625001239j:plain

レデボウリア ガルピニー
Ledebouria galpinii

南アフリカ原産の球根植物。
爬虫類の肌のような、表面がボコボコした葉が特徴。
夏にかけて成長し、冬になると落葉して地下の球根のみで越冬します。
春になると新葉が展開すると同時に花芽を出し、やがてピンク色の花を咲かせます。

育て方

日光がよく当たり、風通しの良い場所に置く。
真夏の直射日光には当てずに、適度に遮光したほうが良いとのこと。

水やりは成長期の夏は鉢が乾けばしっかりと。秋になり涼しくなるにつれ徐々に減らしていき、冬になり落葉した後は断水気味に。
ただし、落葉後もたまに水をやると驚くほど水を吸ったりするので、完全には断水せずに月に1・2回くらい水をやった方が良さそうです。

成長記録

育成開始:2019年10月

f:id:torimomo_d:20200415175053j:plain
撮影日:2019年10月
購入直後の姿。ネットで検索して出てくる画像は葉が赤茶っぽいですが、それに比べてかなり緑が強く、徒長しているようにも見えます。日照不足でしょうか。
地中にあるべき球根が地上部に出ているのも気になりますが、時期的に植え替えは控えて春まで待ちました。

f:id:torimomo_d:20200412183625j:plain
撮影日:2020年4月12日
室内に入れるのが早すぎたか、わりと遅くまで葉が残って1月頃に完全に落葉。
暖かくなり、新芽が出てきました。花芽も見えます。
葉の落ち方が「ネチャ」と糸を引くような、イヤな感じの枯れ方だったので心配しましたが、無事に冬を越せたようでひと安心。

f:id:torimomo_d:20200502155521j:plain
撮影日:2020年4月26日
動き始めてからは成長が早いです。花も咲きました。

f:id:torimomo_d:20200624165633j:plain
撮影日:2020年6月24日
かなり密集してきました。そして気付けば葉の色が緑になってます。
日照が足りないと葉が茶色から緑になってしまうのかと思ってましたが、育成条件は変えてないはずなので、もしかしたら気温が上がると緑になるのかもしれません。