ボタニカル・ダンディ 2nd season

自分用の植物育成記録を公開したようなブログ

『ドリミオプシス ブルケイ』育て方と成長記録

ドリミオプシス ブルケイ
Drimiopsis burkei

南アフリカ原産の球根植物。
水玉模様の葉と、そのフチが細かく波打つのが特徴。のはずだが、手持ちの資料だとブルケイの写真は無地の葉をしている。
いちおう説明文には「模様が入るものもある」と記されているが……。
それよりも同じページに掲載されている『ドリミオプシス アトロプルプレア』の方が似ている。検索してもあまり出てこないので詳細は不明。

夏に成長し、寒くなると落葉して休眠する。
暖かくなると花芽が先に出てきて、少し遅れて新葉を展開する。

 

育て方

日当たりと風通しの良い場所に置く。
基本的には乾かし気味に管理をする。水が不足してくると葉が閉じたようになるので、その兆候が見えてから水をやっても遅くないかも。
成長期の夏は鉢が乾けばしっかり水をやり、秋になり涼しくなるにつれ徐々に減らしていく。そして冬になり落葉した後は断水気味に。

 

成長記録

撮影日:2021年5月6日f:id:torimomo_d:20210507141525j:plain冬に落葉していたが、暖かくなり花芽が先に出て、続いて新葉も出てきた。
心なしか葉の色が鮮やかになった気がするが、時間が経てば落ち着いた色に戻るのだろうか。

撮影日:2020年5月8日f:id:torimomo_d:20200607140946j:plain
購入後、植え替えしてからの写真。
もう少し深く植えた方が良かったかもしれない。